安心のための取り組み

災害復旧協定の締結

締結の目的

電気工事工業組合としての社会的責任と存在意義の確立を目指し、電気保安の確保と地域社会に向けた安全・安心を推進するため、市町村と電気工事工業組合が災害発生時の電気設備の被害調査や修復作業および修理・復旧、二次災害防止の措置等を行うため災害時の復旧協定を締結してきています。
特に、大震災発生の可能性が心配されている中で、市町村との災害時復旧協定の締結は地域社会の防災活動により一層貢献できるものとして期待されています。
また、近畿2府4県の電気工事工業組合では、大災害時等に府県間の相互応援を行うことができるよう、各工業組合間で相互応援規程を締結しています。

協定の締結状況
図

平成29年3月末現在

でんき工事ホームセンター

でんき工事ホームセンターとは

「でんき工事ホームセンター」とは小工事(お客さまのご家庭内の不意の電気的トラブルや電気配線の取り付け、修理、ちょっとした配線、コンセントの増設など)に、また、あらゆる電気のご相談に円滑かつ迅速に対応するため、工業組合が主体となって設置・運営する事務所です。
小工事処理の円滑化、迅速化を図り、電気工作物の保安を確保するとともに、お客さまの便益に資し、あわせて工事業界と地域との協調を促進することを目的としたものです。

でんき工事ホームセンターについてのお問い合わせ

近畿2府4県の電気工事工業組合に所属していますが、お気軽に下記にお問い合わせください。

でんき工事ホームセンター
その他の活動

▲ ページトップへ